冬のビューティーケアについて

夏の日差し、紫外線はお肌に大敵であり、日焼け対策やスキンケアを心がけていた人は、日差しが和らぐ秋になると一安心といったところですが、すぐに冬がやってきます。冬は元から空気が乾燥していますが、室外と室内の温度差のためよりお肌が乾燥しやすくなってしまいます。また夏と違い汗をかきづらく、寒さもあって水分の摂取量が少なめになります。暖房の効いた部屋の中にいる場合は水分は摂取しやすいのですが、寒暖差のある場所を行き来しているとどうしても暖かいものを摂取したくなり、そうなると水分は少なめになってしまいます。お肌の問題だけでなく、体内や風邪の予防のためにも水分はこまめに取るようにしましょう。

さて肝心の冬のビューティーケアですが、これは乾燥との闘いといっても過言ではありません。もちろん冬とはいえ紫外線対策は必要です。ですが冬場にもっとも注意すべき点は乾燥対策です。乾燥肌が進むと、肌荒れの原因となり、ひどいケースですとアトピーの原因にもなりかねません。その予防としても乾燥対策は大切であり、冬のビューティーケアで最も重要なものなのです。乾燥肌は大きな肌荒れの原因となりますが、予防を怠らなければ心配する必要はありません。潤いがないカサカサとした肌が、ケアによりモチモチとした肌になれば十分ですのでそう焦る必要もありません。ただ夏のケアを怠った人は、そのダメージが冬場にでてくることがありますのでその点だけは考慮しておく必要があります。