スキンケアで乾燥対策

前項で皮膚病の原因になりかねないと示しましたが、毎日のケアを怠らなければ心配する必要はありません。保湿として最もポピュラーな方法は、化粧水によるものですが実はそれだけでは足りないことが多いのはご存知でしょうか?

乾燥対策として化粧水による水分補給は、喉が渇いたときと同様に効果があるものですが、お肌は喉と違い水分補給だけでは乾燥対策は十分なものとはいえません。極端な話ですが、喉は口を開けなければ水分の蒸発を抑えることができます。空気に触れる量を調整することができるのです。ですがお肌、特に顔は常に外気に曝されています。水分を補給しても蒸発してしまうのです。乾燥を防ぐには、化粧水により補われた水分を逃さない、水分を抱え込む性質のものを使う必要があります

例えば油分です。油というとニキビの原因でありお肌の敵だと思われますが、必要な量というのがあります。お肌にとっては水分も油分も必要ですので、乾燥しがちな冬場にはスキンケアなどで摂取する必要があるのです。油分としてポピュラーなのは保湿スキンクリームでしょう。保湿スキンクリームは刺激物や界面活性剤が入っているものは避け、自分の肌質に合ったものをご使用ください。お肌の基礎になるものですから、購入の際にはパッチテストを行ったほうが無難だといえるでしょう。

他にも乾燥対策として、自身の肌の浸透力、吸水力を高めるスキンケアも有効です。深く浸透することで潤いを保持し、乾燥を防ぎます。暖房の影響などで冬の乾燥は厳しいものがあります。アトピーなどの敏感肌の人に辛い季節とも言えるでしょう。できるだけ長く自身の肌に潤いをキープできるように、浸透力の強いスキンケア用品を使ってみると良いでしょう。

関連リンク・・・アトピー保湿ケア用品〔みんなの肌潤糖〕