食生活で乾燥対策

乾燥対策はスキンケアだけが有効的な手段ではありません。食生活の改善はかなり有効的だといわれています。もともと日本人はソバカスが少なく、肌が綺麗だといわれてきました。メラニン色素も関係していますが、それ以上にいわれているのが食生活です。白人である欧米人は肉食であり、必須脂肪酸であるオメガ3系の脂肪酸が不足しています。そのため乾燥肌が多くなり、シミやソバカスが多いと言われていました。日本人はもともと魚を多く食べていたのでこのオメガ3系脂肪酸を摂取して肌が綺麗だといわれていたのですが、食の欧米化により肉食が増え魚を食べる機会が減ってきたため乾燥肌が増えてきたのだといわれています。

極端なダイエットは体にもよくありませんが、お肌にも大敵です。お肌を形成するには必要な栄養素があります。それが摂取できないのですから、当然お肌によいわけはありません。極端な飲酒や喫煙、ストレスや睡眠不足もお肌の大敵です。現代人にとっては難しいように思えますが、お肌の健康を維持するというのは、心身の健康とも繋がっています。逆に言うと心身ともに健康な生活を送っていれば、お肌も健康であるのです。お肌は美の基本ですが、それを支えるのは健康な食生活であるということは忘れないでください。