乾燥が肌へ与えるダメージ

日差しが強い夏場に紫外線対策を行っていた人は、心配する必要がありませんが、あまり行わなかった人はダメージが溜まっていることがあります。それはシミやソバカスなどのくすみになってあらわれます。また角質層にダメージが残っていると、乾燥肌の原因にもなります。冬に乾燥肌が目立つのはそのためでもあるのです。

夏場に紫外線対策を怠らなかった人も油断してはいけません。冬場は空気が乾燥しているだけでなく、冷たい空気によってよりお肌はダメージを負いやすくなっています。保湿対策はしっかりと行うようにしましょう。空気が乾燥すると、どうなるのでしょうか?単純に考えると、喉が渇きます。喉が渇く=乾燥すると、雑菌が流されることが少なくなり、そこから風邪をひきやすくなります。体内のことで目に見えることではないのですが、喉という大きな部分のことであり分かり易いものです。お肌の場合も同じことが起きています。

お肌には水分を溜めておく層がありますが、乾燥するということはそこの水分が減っていくということです。水を含まない土地がカサカサになるように、お肌も水分がなくなるとバリア機能が低下し乾燥してしまいます。これは肌荒れだけでなく、アトピー性皮膚炎や皮膚がんの原因になりかねませんのでケアはかかせないのです。